トップページ製品情報(一覧) > 製品情報(コバルトボンド)

コバルトボンド

ポーセレンに「コバルトクロム」という選択

コバルトクロム合金としての強さ
変形に強く、口腔内での変色も認められません。

生体安全性
クロムの強力な不動態膜作用により、口腔内での溶出イオンは極めて少なく、細胞毒性試験でも異常は認められませんでした。(大阪歯科大学歯科理工学講座) 

成分 
コバルト
Co
クロム
Cr
モリブデン
Mo
タングステン
W
その他
Ga,Fe,Ca,Si
60.0% 24.0% 7.1% 5.0% 3.9%

 

 

↑ PAGE TOP

歯科クリニックの事業承継をお考えなら|株式会社ハーベスト
Produced by Asmo
管理室